So-net無料ブログ作成
政治・経済 ブログトップ

tppとは わかりやすく 子供 [政治・経済]

tppとは わかりやすく 子供
子供.jpg

tppとは、わかりやすく子供に教えてあげましょう。

今回のテーマは、tppに関してちょっと知識が
足りないと自覚がある人に向けて書いて
いきたいと思います。

「TTP」とは「Trans-Pacific Partnership」
の略で「環太平洋連携協定」漢字を書きます。

「かんたいへいようれんけいきょうてい」。

と読みます。意外と知らない人もいますので
覚えてなかった人はチェックをしておきましょう。


【TPP 参加可能の条件】

太平洋を囲む国々「日本、アメリカ、オセアニア
の諸国、東南アジアの諸国」が参加の資格があるのです。

だから、アフリカやヨーロッパの国々は参加
することができません。
太平洋.jpg
【TPP 目的と関税を掛ける理由】

この協定に参加する国同士の関税をなくして
自由に貿易をすることができるように
する取り決めのことなのです。

現在の日本は、一部の商品を除き商品を
輸入する場合はその商品に対して関税
という税金を掛けています。

それぞれの国がこの関税を掛ける理由を
というのをわかりやすく説明していきます。

それは自国の第一次産業を守るためです。

第一次産業とは、農業、林業、漁業、鉱業など
直接自然界から富を取得する作業のこと。

特に日本は非常に物価が高い国です。
そのために労働者に支払われる賃金も
その分高く設定されています。

そうすると海外から輸入をした方が、
物価が安い国から輸入した方が、農作物や
魚介類などを安く手に入る場合があるのです。

それを続けていくと、自国での生産者を
いずれ潰してしまう恐れがあります。

そのために、自国で生産されている物と
同じか、それ以上の価格になるように
関税というものを国が掛けているのです。


【TPP わかりやすい問題】

さきほど申し上げた通り、自国の第一次生産者を
守るために作った関税を撤廃するというのは
自国のためにはならない・・・。

というのが、今回のTPPの一番の問題になります。

今まで関税に守られてきた生産者たちが矢面に
立たされると言う事で、特にJA(農協)などが
先頭に立って、TPP反対の意思表示をしています。

できるだけ子供がわかりやすいように平易な
文章で書いてみました。

これ、実は消費者にとっては何の悪い話もない
「物が安く手に入るのだったらそれでよい」と
思う方が少なくないかもしれません。

もしかして、頭のよい子供ならそのようなことを
聞いてくるかもしれません。

それはすべての作業を外注してしまう会社と
同じ状態というのをイメージして下さい。

日々の生活を支える業務をすべて海外に頼って
しまうと、外的な要因で自国の経済や安全を
脅かされるということになってしまいます。

子供には「自分のことは自分でしないとだめだよ」
と多くの大人がアドバイスをしてあげていると思います。

その理由は、誰かにやってもらわないようにすると
その人がいなくなった時に困るのは自分自身だと
いうことを知っているからなのです。

後から、困るのは私たちではなく、私たちの子供です。
安部晋三.jpg

「tppとは わかりやすく 子供」終わり。
政治・経済 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。